Zeebraが司会を務めるMCバトル番組「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜25時26分よりテレビ朝日系)


 

今週2/28(火)に放送されたフリースタイルダンジョンに、レーベルHUMANMUSICを共に立ち上げた同志であり、グループ代表であるラッパーのRAIZENが出演しました。

 

一昨年、焚巻が出演した際も番組についてブログで紹介しましたが、今回は【焚巻、RAIZEN、SHAKU】によるチーム「nodus」での出演でした。

年明けに収録され、結果と内容については本人から聞いていましたが、大きな期待と同時に、やはり地上波ということもあり、どんな形で放送されるのか、多少の不安もありました。

 

かつて、TOKYOで苦楽を共にした相方であり、今や池袋を代表するラッパーとして地位を確立させたRAIZEN。

本物のストリートの叩き上げ、そして何より熱くて優くて、義理人情を大切にする彼の高い人間性。

江戸っ子の生き残り。

 

冗談抜きで、彼を悪く言う人は周りで一人もいません。

 

結果として、TVでも一ミリたりもブレない、RAIZENの姿を見れて最高でした。

 

バトルと収録内容については、メディアにてチェックして頂けたらと思います。

 

余談ですが、輪入道のライブも最高に熱かったです。

 

焚巻と輪入道の楽曲も完成しており、近々Music Videoを公開します。

「頭狂JACK」以来、”約5年振りのコラボレーション”、どうぞお楽しみに。

 

また、SHAKUも1st EP「9 FIELDS」をリリースし、PVを先日公開しました。かなりイケてます。

 

RAIZENとNew Jack Skillzによる楽曲「NODUS」のPVも公開されました。こちらに関しては改めて紹介させて頂きます。

 

チーム「nodus」にて出演したラッパー3人は、全員モノホン。

 

最後に、RAIZENとCHICO CARLITOのバトルで響いたワード。

 

「大好きだよ 沖縄 俺のKUROCODAiLLが今 横にいるはずだぜ」