sunday_pv_ss9

 

『SUNDAY』
作詞 : 焚巻
作曲 編曲 : FReECOol

Directed By Jun Akahane


– 1Verse –

時代の荒波と人の風向き
読み回る風車 無理にどうした?
指先のつぶやき
ほつれたままのシューレスが家で泣いてるぜ?
脱ぎ捨てるダルさ
MY ROOM COFFEE
太陽が溶け出す頃 遅めのモーニング
開かない瞼 窓越しのsunset
肌身離さず 見る夢の断片

まず腹ごしらえ 駅前のトリトン
街をぶらつく 休日にnodus
どこにある? 四つ葉のクローバー
探しちゃねーし 生き急いじゃねーよ
アイボリー
黄ばんだ壁紙・ジャケの落書き・辞めたバイトに
あっという間 目の前を通過
してく時の流れの中 変わらない愛を知る

– 2Verse –

ふと振り返る一人 思いにふける
でもそこにはもう誰も居ない
それでもいい OneWay 開く瞼
時計の針に追われる朝の始まり
捨てれるもんは 全部捨てたんだ
譲れないもんは まだこの手の中さ
いつかの夜に 何処かで出会って
いつか来る朝に 別れ過ぎ去ってく

濃くなる時間は積み重なって
しがらみも痛みも力に変えんだ
繊細な感情 擦りきれるほどに
生きてりゃ折れた翼も飛べんだ
この手に掴んだ温もりと共に
優しさに触れて成熟する果実
夢見てたいんだ
夢見させたいじゃん
その時はそばにいてくれないか?